最新レスポンシブHTMLテンプレート no.002 サンプルロゴ

お問合わせ
History

炭酸泉源の始まり
昔は『毒水』と恐れられていた

炭酸泉源碑

有馬温泉の銀泉の源『炭酸泉源』の歴史は1873年(明治6年)湯山町(有馬町の当時の町名)戸長(町長)で、旅館「中の坊」の当主であった梶木源次郎が、横浜の商人平野留吉との出会いからはじまります。留吉に「温泉の湧く所には必ず炭酸水が湧いているはず」と教えられ、源次郎は、杉ケ谷にある虫や小鳥が死ぬという水『毒水』のことを思い出します。源次郎は、早速、地元の人から『毒水』として恐れられいた杉が谷の湧水の検査を方々にお願いしましたが、解明できませんでした。1875年(明治8年)大阪に内務省司薬場がされたことを知り、源次郎は、兵庫県庁を通して『毒水』の検査依頼したところ、検査技師ベ・ド・ウェルによって有益な「炭酸水」と認められ、この水の価値は一転しました。
地元の人たちが、炭酸水を分けてもらい一升瓶瓶に詰め炭酸坂を下る途中で、コルクの栓を勢いよく弾き飛ばすことから『てっぽう水』と呼ばれ呼ばれるようになりました。
杉ケ谷の炭酸泉源(当時は「冷泉」と呼ばれていました。)はその後、だんだんと評判を呼び、湧き口を石の円筒で囲い周囲を石で方形に囲うなどせいびされ、源次郎の進めた開発により明治10年代には観光の名所になりました。泉源から湧き出る天然の炭酸水をコップに汲んだものに砂糖を入れて観光客に販売されていました。時期は不明ながら、それに甘味料を添加し、まさに「サイダー」といえそうなものも販売されていたようです。オランダ人技師ゲールツ(ケーレツ)設計による洋風の炭酸水飲用所も計画されましたが、明治16年に先に完成した洋風本温泉の不評から実現せず、1886年(明治19年)清涼院より移築された御殿式の上屋が完成し、有馬に来浴した人の多くが、まずここに立ち寄りこの泉を服用するようになりました。現存する最も古い炭酸泉源の写真はこの上家のものです。


炭酸泉源碑

また、炭酸泉源入り口右脇には源次郎が明治10年6月に建てた石の道標があり正面に「炭酸水 てつぽう水ともいふ」と彫られていいます。途中で折れた跡があるますが、炭酸水を運んだ馬車がぶつかって折れたと言い伝えられています。

炭酸泉は飲むことができます。

サンプルイメージ

現在も銀の湯(市営浴場)で使われている炭酸泉源ですが、泉源の左にある蛇口から銀の湯の源泉を飲むことができます。 炭酸泉は18.7度の冷泉(鉱泉)ですので夏は冷たく、冬は生温く感じます。炭酸が含まれていますが微炭酸ですので市販の炭酸飲料のようなシュワシュワする感覚はありません。鉄分が多く含まれるため錆びた水道のような味が先に来ますが、わずかに舌先にピリピリとした炭酸を感じることができまです。地元の老人にお聞きすると「当時は砂糖は高価だったからズルチンやサッカリンを入れてサイダーがわりに飲んでいた。」そうです。今のように清涼飲料水がどこででも売られている時代ではなかったので楽しみだったそうです。
旅の思い出にぜひひとくち天然の炭酸を味わってみてください。

ページトップへ戻る